Facebookはこちら
タイムリーに研修や委員会の様子をお伝えしています
事務局
〒920-8610
独立行政法人地域医療機能推進機構 金沢病院
(JCHO金沢病院)
金沢市沖町ハ-15
TEL 076-252-2200
FAX 076-252-2369
メールはこちら
協会年会費納入のお願い
 協会年会費の納入はお済みでしょうか? まだの方は年会費5,000円を下記口座にお振り込み願います。

・銀行名
  株式会社ゆうちょ銀行
・店名
  三一八(サンイチハチ) 普通預金
・口座名
  一般社団法人 石川県医療ソーシャルワーカー協会
・口座番号
  0262647

メインメニュー
アクセスカウンタ
今日 : 1414
昨日 : 4545
総計 : 154956154956154956154956154956154956
AdobeReader
当サイトでは申請書などをPDFで配布しています。PDFを見るためにはAdobeReaderが必要です。お持ちでない方はこちらからダウンロード(無料)してください。
ログイン
会員の方はこちらにユーザ名とパスワードを入力してください

ユーザ名:

パスワード:


 熊本地震 派遣ボランティア・募金のお願い

 

 2016414日の前震、416日の未明に起きた本震は、九州各地に被害をもたらしました。医療ソーシャルワーカーの全国組織である(公社)日本医療社会福祉協会では、416日災害対策本部が設置され、寄付金募集が始まりました。そして熊本県での現地調査を元に、熊本県益城町でのソーシャルワーカーによる支援活動を継続することを決定し、518日都道府県医療ソーシャルワーカー協会会長会を通じ、ボランティアの募集が呼びかけられました。

当協会では520日理事会にて、現地の情報について共有し、石川県医療ソーシャルワーカー協会として、寄付金募集ならびに災害ボランティアの派遣を決定いたしましたので、ここに報告いたします。

当協会は、これまでにも能登半島沖地震、東日本大震災などでボランティアを派遣し、被害をうけた人々に思いを馳せ、協会として関心を持ち続けることを大切にしてきました。被災地避難所である益城町総合体育館では、様々な思いを抱えた住民が、今なお数多く身を寄せています。当たり前の生活が一変する体験は、想像を超えるものです。私たちソーシャルワーカーは、いかなる困難な状況下でも、そこで暮らす人々に寄り沿い、何が出来るか問い続けたいと思います。

 

県協会会員の皆様に、今、ソーシャルワーカーである私達ができることをご提案し、皆様のご協力を切にお願いいたします。

 

1.    被災地派遣にご協力いただける方を募集しています。

活動場所や日程は、別紙、日本医療社会福祉協会の文書をご覧ください。

日本医療社会福祉協会会員に限らず、県協会会員の方も募集しています。

問い合わせ先:やわたメディカルセンター 林真紀

0761-47-7522(直通) msw@katsuki-g.com

 

2.    ソーシャルワーカーによる支援活動への寄付を募集しています。

頂いた寄付金は、県協会で取りまとめ、ソーシャルワーカーの支援活動に活用されるよう、(公社)日本医療社会福祉協会災害対策本部にお渡しします。

  研修等で、継続して募金箱を設置しております。協会理事をはじめ、他の協会員に言付けてくださっても構いません。皆様のご協力をお願いいたします。

 

「具体的な活動は、(公社)日本医療社会福祉協会被災地支援活動計画をご覧くだ さい。」http://www.jaswhs.or.jp/kumamoto/

 

2016520

石川県医療ソーシャルワーカー協会 

会長 高名 祐美

担当理事 林 真紀

(公社 日本医療社会福祉協会 副会長)

 

 

※参考資料

(公社)日本医療社会福祉協会 災害対策本部 より

 都道府県 医療ソーシャルワーカー協会 宛 発行文書

 

 

プリンタ出力用画面
友達に伝える


Copyright (c) IAMSW 一般社団法人 石川県医療ソーシャルワーカー協会