Facebookはこちら
タイムリーに研修や委員会の様子をお伝えしています
事務局
〒920-8610
独立行政法人地域医療機能推進機構 金沢病院
(JCHO金沢病院)
金沢市沖町ハ-15
TEL 076-252-2200
FAX 076-252-2369
メールはこちら
協会年会費納入のお願い
 協会年会費の納入はお済みでしょうか? まだの方は年会費5,000円を下記口座にお振り込み願います。

・銀行名
  株式会社ゆうちょ銀行
・店名
  三一八(サンイチハチ) 普通預金
・口座名
  一般社団法人 石川県医療ソーシャルワーカー協会
・口座番号
  0262647

メインメニュー
アクセスカウンタ
今日 : 3
昨日 : 6262
総計 : 144648144648144648144648144648144648
AdobeReader
当サイトでは申請書などをPDFで配布しています。PDFを見るためにはAdobeReaderが必要です。お持ちでない方はこちらからダウンロード(無料)してください。
ログイン
会員の方はこちらにユーザ名とパスワードを入力してください

ユーザ名:

パスワード:


協会ニュース : 生活保護基準額の引き下げに係る影響緩和へのソーシャルアクションのご報告
投稿日時: 2018-6-1 5:26:04 (524 ヒット)

「2018年5月29日、石川県医療ソーシャルワーカー協会と石川県社会福祉士会、石川県精神保健福祉士会の石川県内のソーシャルワーカー三団体で石川県議会事務局を訪問し、今年10月から生活扶助と母子加算等の段階的減額の実施予定に対し、生活扶助基準引き下げに伴う影響緩和への取り組みを求め、石川県議会作野広昭議長あてに陳述書を提出いたしました。また、自由民主党の馳浩衆議院議員の金沢市内の事務所にも訪問し、3年後の生活保護基準改定において生活実態を十分把握した生活保護基準を設定するよう政府に意見等していただくよう求めました。このあとも引き続き、県内選出の国会議員に対し要望を行う予定にしています。
生活保護の基準引き下げはさまざまな社会保障制度の基準引き下げにも影響を及ぼす可能性があり、生活実態を十分に把握した生活保護基準を設定する必要があります。引き続き、ソーシャルワーカーの職能団体として地方からの制度改善の要求をあげていきたいと思います。」

陳情書(県議会用)


要望書(馳浩先生用)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Copyright (c) IAMSW 一般社団法人 石川県医療ソーシャルワーカー協会